SALES PROMOTION 2016.02.07

高画質なビジュアルのフォトレタッチならば、世界トップクラスの技術がクレストにある

こんにちわ。 今日はフォトレタッチという世界について少しだけお話します。 そもそも、フォトレタッチとはなんでしょうか。  
【フォトレタッチとは】
「アナログ/デジタルを問わず写真画像を修正する技法を意味する。」 一行でまとめると、こういった技法の総称です。 大きく2つの方向性があります。  
  1. ディテールの変更。
  2. 色味の調整。
では、実際にどのような技法なのでしょうか。

「1」について、分かりやすい動画がありましたので、リンクしています。

 
いかがでしょうか。
もう、別人ですよね。。。?
このように「本当は存在しているのに無かったことにする」という技術が 「1」の「ディテールの変更です。」
こういうのを見てしまうと、 この世に信じられる写真なんて無い気がします。。。 閑話休題。

続いて「2」についてはどうでしょうか。

例えば外食に行って、美味しそうなメニューの写真を見て頼んでみて、 購買意欲をそそられた事が誰しも一度はあると思います。 では、下記の写真をご覧いただけますか。 なるほど。 左側の写真も雰囲気があって良いかもしれません。 でも、もし自社の商品写真だったとしたら、 全体の青味が取れて、緑は力強く、ピンク色が鮮やかで、 より真実の色味に近い右側の方が魅力的ではありませんか? こういった「色味の調整」を主とする技術が「2」に該当します。
改めてレタッチとは!
さて、非常に特殊な技術ですが、写真を使ったビジュアルを使う場合は 必ずといっても過言ではないほど多用される技術です。 そんな専門技術を持ったプロの社員が居て、ハイクオリティなレタッチを行い、 そのまま迅速な色校正も実施し、本番の出力も、全国の施工まで一括して 任せられる会社があったらどうでしょうか。 そんな会社があるんでしょうか? そんな便利な話が、あるんでしょうか? まさか、まーさかぁー!? そうです!

クレストなら、全てをワンストップで実現可能です。

ブログではご紹介できない実際の事例も、直接であればご紹介可能な物もございますので、 ぜひ一度お問い合わせください。 最後に。 「神は細部に宿る -God is in the detail-」 ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエというドイツの建築家の言葉です。 細部にこだわって、ひと味違ったプロモーションをしてみませんか。 ご連絡お待ちしております!