SALES PROMOTION 2016.06.16

【ポッティング加工】カッティングシートにもう一工夫!”表面張力で表情のある文字を”

こんにちは。クレストDv5北村です。 今回みなさんにご紹介するのは、”ポッティング加工”という技術です。 ポッティングとは、カッティングシート等の基材にウレタン樹脂を盛り表面張力を利用して厚みのあるカッティングシートに加工することを言います。

ただのカッティングシートとの違いは?

柔らかさ、みずみずしさを表現

粘性の高い樹脂を使用することで、コーティングの表面に「かまぼこ型」の断面形状の樹脂層を形成。基材の表面に、柔らかさや、軽さ、みずみずしさを表現することが出来ます。

美しさを損なわない無色透明

ポッティング樹脂は無色透明。素材本来の色や美しさを損なうことなく、軽さやみずみずしさを表現できます。また、透明フィルムや半透明フィルムを基材にすれば、光を透過する三次元立体文字になります。

素材を保護する柔軟性

ポッティング後の表面は柔軟性を保持しています。そのため、衝撃に強く、復元力も抜群。爪などでひっかいたとしてもキズひとつ残りません。基板を保護する力にも優れています。

曲面や球面へ設置可能!

フィルム上に処理することで、2次曲面への対応が可能に。柱など、サインの設置が難しい場所にも簡単に貼付できます。※文字サイズが小さく、曲面がきつい場合は、不向きな時があります。
 

これまでのシートは

これまで私達は、様々なシートをご紹介してきました。(様々なシートはこちら) スタッフの方が簡単に貼れるシート、凹凸面でも貼れるシート等それはどれもシート自体平面で表情がありませんでした。今回ご紹介している”ポッティング加工”は表面張力によって柔らかさや、軽さ、みずみずしさを表現することが可能で表情のある文字を演出します。
 
またこんなポッティングも
アクリル樹脂を使えば内照式チャンネル文字に板面として使え、こちらも一般的な内照式チャンネル文字と異なる表情を演出します。
 

樹脂の種類について

基材に乗せる樹脂にはよく使われるものとして2種類あります。
  • ウレタン樹脂] コストはアクリル樹脂に比べ安いですが屋外で使うことはお勧めできません。仕上がりは柔らかい印象です。
  • アクリル樹脂 屋外でも使用可能ですが、その分コストがかかります。仕上がりは透明性が高いので非常にクリアです。
 
”表面張力で表情のある文字を”
様々なシートをお使いの皆様に今回はポッティング加工で見せるシートのご紹介でした。 是非、”ポッティング”で柔らかさや、軽さ、みずみずしさを表現した表情のある文字を演出します。 是非クレスト営業担当までお問い合わせくださいませ。